感染症対策について(2020.8現在)

のりくら自然保育 木のこでは、特に新型コロナウイルス感染症に関して、以下の通り対策をします。

木のこで対策すること

1.子ども、保護者に関わること

  • 参加当日の朝に体調チェックを行います(体温、睡眠、食事など。その他家庭での様子などを記入し、保管します)
  • 手洗い、うがいを食事前、排泄後などこまめにするよう促します
  • 食事前に手指アルコール消毒をします
  • 食器やタオルは共同使用にならないよう、個別のものを使用します
  • 三密にならないよう、野外での活動に加え少人数(最大10名)で活動します
  • 野外活動のため、熱中症対策も兼ねマスクの着用はしませんが、必要に応じてマスクを着用します

2.施設に関わること

  • 施設内や道具など手に触れるものは、できる限り消毒をします
  • 室内で活動する時は窓を開け換気をします
  • 施設内に手指消毒用アルコール、ウエットシートを置きます

みんなで対策すること

  • 少しでも体調が悪いと感じたら、無理せずしっかり休みましょう
  • 活動中に体調が悪くなったらすぐに知らせてください
  • 人と話すときや食事の時は、大声でしゃべらず、近づきすぎず、ゆったり距離を保ちましょう
  • 咳エチケットを守りましょう
  • ウイルスに負けない体をつくりましょう(遊び、体を動かす、睡眠、食事、笑うこと)
    これ、一番大事!

お家で…

  • 毎朝検温をお願いします。
  • 小学生はできるだけ自分で、幼児は保護者の方に、毎朝の体調チェックをお願いします。